カロリミットは授乳中に飲んでも安全?

産後はお子さんのお世話や家事でなかなかダイエットが上手くいかず、悩んでいる方もいると思います。

 

そんな時にカロリミットを利用したいと考える方も多いと思います。

 

授乳中にカロリミットを飲んでも大丈夫か?お子さんに影響がないか?を調べてまとめました。

 

カロリミットを授乳中に飲んでも大丈夫?

 

調べてみたところ、カロリミットを販売しているファンケルのホームページに「妊娠中・授乳中・お子様(15歳未満)にはおすすめしない商品」の一覧にカロリミットが載っています。カロリミット ウコンドリンクやカロリミット茶も記載されているため、カロリミットシリーズは授乳中には適さないということですね。

 

では、どうしてカロリミットを授乳中に飲んではいけないかと言うと、カロリミットが脂質や糖質といった栄養吸収をブロックする作用をする成分を配合しているからです。大人にとってはダイエットに効果的なうれしい成分であっても、赤ちゃんはこれからどんどん栄養を吸収して育っていかなければいけないのに栄養をカットされてしまっては大きくなれませんよね。また、大人にとって大丈夫な成分でも赤ちゃんの小さな体には負担になる可能性もあります。

 

カロリミットには便通を良くする成分も配合されているので、下痢や便秘などのトラブルが起こる可能性もあります。こういったトラブルを避けるためにカロリミットは授乳中に避けた方が良いです。もし気づかずにカロリミットを飲んでしまった時は、それ以降飲まないようにすれば大丈夫です。心配であればかかりつけのお医者さんへ相談してみてください。