カロリミットでニキビが治ったって本当?

化粧品や健康食品で有名なファンケルが販売しているダイエットサプリ「カロリミット」を実際に飲んでいる方の口コミを見ているとニキビについて書いている方がいます。

 

「ニキビが治った」という方もいれば「ニキビが増えた」という方もいました。ニキビに関しては元の体質や、カロリミットとの相性もあるので一概に「カロリミットにニキビ改善効果がある」とは言えません。今回はカロリミットでどうしてニキビが減ったり増えたりするのかを調べてみました。

 

カロリミットとニキビの関係は?

 

カロリミットの配合されているギムネマシルベスタやキトサンといった成分には、脂質や糖質の吸収を邪魔する働きがあります。これによってお肉やスイーツをたくさん食べてもなかなか太りにくい、体重をキープできるといったダイエット効果があるのですが、これがニキビにも良い影響をくれます。

 

ニキビのできるメカニズムは、ターンオーバーの乱れなどが原因で毛穴に皮脂がつまり、その皮脂を食べてアクネ菌が繁殖して炎症を起こすことでニキビができます。脂質は摂りすぎると皮脂過剰になって毛穴を詰まらせますし、糖質が多すぎると糖質の分解にばかりビタミンBが使われてしまい、皮脂を分解するためのビタミンBがなくなってしまいます。

 

つまり、脂質も糖質も摂りすぎるとニキビの原因となってしまうわけです。カロリミットは脂質や糖質の吸収をセーブするからニキビにも良い影響が出てくることがあります。また、食物繊維をたくさん含んでいるので、お通じが良くなって体内の老廃物が排出されたことでニキビが良くなったということも考えられます。

 

では逆にカロリミットでどうしてニキビが増えてしまうのかと言うと、人それぞれ肌質や体質が違うのではっきりとはわかりませんが、脂質や糖質を少なくしすぎてしまい、乾燥によって肌状態が悪くなってニキビができたのではないかと思います。

 

また、同時進行で食事制限をしていると栄養バランスの偏りやストレスでニキビができた可能性もあります。どちらにせよ、こういった効果やトラブルは個人差があるので、気になっているものは実際に自分で試してみるのが一番です。